結婚式の招待状の返信

結婚式の招待状の返信マナーについて、書きたいと思います。結婚式や披露宴の招待状が届いたら、できるだけ速く出欠の返事を出すのがマナーです。しかし、焦って返信はがきの書き方を間違えると、常識のない人と思われてしまうかもしれません。確認してみましょう。返信はがきの表面の相手氏名の敬称が宛や行になっている場合は必ず、様に変更しましょう。裏面の御出席、御芳名、御住所、お電話などの、御・芳・お、の文字は必ず二重線か寿の文字で消すようにしましょう。訂正には二重線を用いるのが一般的ですが、文字を切ると縁を切るということを連想させることから、結婚式の招待状に限っては、寿の文字を使って訂正することもおめでたさが増すので、覚えておくのもいいでしょう。

招待状の返事は、新郎新婦へ送る最初のメッセージです。お祝いの言葉を一言添えて、一週間以内に返信するようにしましょう。ご結婚おめでとうございますの一言だけでもお祝いのメッセージを添えましょう。万が一、仕事や出産などどうしても出席できない状況になってしまった場合には、理由を書き、お詫びの言葉を添えて返信をしましょう。ただ、入院や身内の不幸、他の披露宴と重なってしまったなど、おめでたい席に水を差すような内容の場合は、どうしても都合が付かず出席できませんなど、ぼかした表現を使いましょう。相手に余計な心配をかけないようにするのが大人の気配りです。

空いたスペースに、ご結婚おめでとうございますなどのお祝いのメッセージを書いてから、出席できない理由を添えて出しましょう。結婚式の招待状を受け取った時点で出席できるか判断がつかないときは、判断がつかないからと言って、返信はがきをいつまでも出さないのはNGです。いつ頃までに返事ができるかを書いて、一週間以内に出しましょう。そして、相手に届いた頃合いを見計らって、電話で相談するようにしましょう。身内に不幸があった場合、四十九日までの忌中は喜びごとは慎むのが習慣とされています。四十九日が過ぎれば出席は可能ですが、両親や義父母などの一周忌法要と重なった場合は、弔事を優先して欠席した方が無難です。あまり、親しくない人から招待されて、出席する気持ちがない時は、返信をしないでいるのは行けません。その場合ははっきりと断りましょう。この度はおめでとうございます。せっかくお招きいただきmしたが、あいにく出席できません、と書いて一週間以内に返信しましょう。

Scroll to top