個性ある結婚式の招待状を用意しよう

結婚式が決まると、とても嬉しく幸せな気持ちになれるものです。そして結婚式を素敵な思い出にするためには、新郎新婦ふたりでじっくりとプランを練り、良い結婚式を計画したいものです。まずは式場の準備をすることとなりますが、招待客の数によっても式場の規模は変わってきますので、まずは誰を招待するか、式、披露宴に招待する方、それから二次会のみ招待する方などじっくり吟味し、招待客リストを作っておき、そしてその中から招待する人数を確認しておきたいものです。より多くの方に来てもられるのが一番ですが、やはり会場の規模に合わせて調整していかなくてはいけませんし、人数の比率は両家とも同じくらいになるようにも配慮したいものです。親戚関係などはわかりづらい部分もありますので、こちらはご両親に相談しておくことがおすすめです。必ず招待する人、そして人数に余裕があれば招待する人もきっちり分けておくのがおすすめです。

そして、招待客が決まったら、いよいよその規模に合わせた式場選びが行われることとなります。そのほかにもお料理を選んだり、そして衣装を選んだり、引き出物を選んだりと忙しい日々を過ごすこととなりますが、お客様への招待状の作成も忘れてはいけない大事なものです。招待状を作成するとなると、式場のほうで用意してもらえることが多く、そしてこうした準備も任せておくととても楽ですが、より個性的で心のこもった招待状を作りたいのであれば、手作りで作るのもおすすめです。市販の用紙を購入し、手書きやパソコンで入力して印刷するという方法もあり、招待客がそう多くない場合や時間に余裕のあるときはこういった方法で作るのも良いものです。

少し手間がかかりますが、手作りのものを結婚式に取り入れたいという場合にも良いですし、こういった少し手間のかかる作業も良い思い出となるものです。そして、作成が終わったら、漏れがないかもしっかり確認しておきたいところです。そして招待状などのペーパーアイテムは意外と費用が高くなってしまいますので、少しでもコストを抑えたいという方も手作りで作成することが多くなっています。招待状の文例は書籍やネットなどで見ることができますので、それらを参考にオリジナルの文面にしたいものです。そして日時と会場などをわかりやすく書いておくこと、それから返信もスムーズに行ってもらえるように発送年月日と返信期限も忘れず書いておくようにしたいものです。

Scroll to top