結婚式の招待状で注意すべきこと

ポロポーズされて結婚が決まってからまず取り掛かるものといったら、いろいろあると思います。式の招待客のリストアップや引き出物の発注、そして、会場の花の手配やプチギフトなど、本当に沢山の準備があると思います。そこで最初に招待する方々にコンタクトをとるものといったら結婚の式の招待状であります。結婚式の招待状で注意すべき点1つ目、目上の人に出す場合は、宛名書きを縦書きにすることが礼儀です。これは、普段の手紙であっても通用することなのですが、当たり前のこのことが忘れ去られていることが多いです。こういうときに、他の方に嫌な気持ちにさせないような心配りが大切です。

結婚式の招待状で注意すべき点2つ目、結婚式をする数ヶ月前に送るようにします。結婚の式のだいぶ前に送る場合、予定がわからずにしき数ヶ月前にキャンセルの連絡がきたり、出産等でくることができないかもしれないということで、欠席で出す人もいるようです。結婚式の招待状で注意すべき点3つ目、封筒に貼る切手は寿用のものを選択することです。これは、常識中の常識ですし式場の担当の人のチェックが入ると思うのですが、一応書かせていただきました。結婚式の招待状で注意すべき点4つ目、余興や受付などのお願い巣をする場合はメッセージをいれるだけではなく事前に電話等で連絡をいれてからお願いをすることです。余興や受付などは、個人にとって幾分か負担になることなので、事前のお願いの連絡があると、頼まれた人も とてもスムーズに受け入れられますし、相手に対しての思いやりが感じられると思います。結婚式の招待状で注意すべき点5つ目、送る前に電話等で式を行うという連絡をとって意思表示をきいてから送ることが望ましいです。送った相手が欠席の場合、送料や紙代も勿体無いですし、突然送られてくるよりも、連絡があったほうが受け取った相手も紙面でしるより電話などのワンクッションがあったあとに、招待の便りをもらったほうが嬉しいと思います。

話等での連絡は、面倒ではあるかもしれませんが、自分たちの為に時間を割いてもらうという謙虚な気持ちを忘れずに対応することが大切だと思います。結婚の式は、初めて行う人が多いので事前の準備で手こずることが多いいですが、招待状は結婚式をする上でとても大切なお知らせであるので、ここは招待客の方々が気持ちよく参加していただけるように、準備をしっかりすることが望ましいです。

Scroll to top