結婚式の招待状についての注意点

結婚式を挙げることが決まった場合にやらなければならないことは数多くあり、その中でも重要なものの一つに招待状と言うものがあります。招待状は、結婚式のために参列して下さる方々に送って内容について知って頂いたり、出欠の確認をするためにも非常に重要になるものですので、間違いの無いように用意する必要があります。そこで、ここでは結婚式の招待状についての注意点についていくつか挙げてみます。まず、重要となるものに発送する時期というものがあります。あまりにもぎりぎりに届いたのでは、招待客側の都合がつかなくなってしまう場合もありますし、招待する側も準備が間に合わなくなってしまう恐れがあります。こうしたことから、招待状は遅くとも結婚式の2ヶ月前までには招待客側に届くように発送をして、1ヶ月前までには出欠の返事をもらえるようにするのが良いでしょう。

次に、招待状の用意の方法についてですが、一般的には結婚式を挙げる式場に招待客のリストを渡すようにすることで、式場が提携している印刷会社などで印刷した上で発送まで行ってくれるところが多くなっていますので、招待客のリストの名前や住所など間違いの無いようにしっかり確認して渡すようにすることが大切になります。また、式場にすべて任せるのではなく、自分達で手作りするといった方法もあります。自分達で手作りする際の注意点としては、招待客のリストの確認といった他に、文面や書き方などで注意しなければならない点があります。まず、日時や式場の場所、挨拶などの必要な項目を間違いなくわかりやすく丁寧な文章で記入するということが大切になります。招待客に同世代の友人が多い場合、ついくだけた文章になりがちですが、参列して頂くという感謝の気持ちを込めて丁寧に書くことが重要です。あとは、見落としがちなポイントとして、結婚式の招待状には文章を書く際に句読点を付けないという点も挙げられますので、印刷する前には、句読点が付いていないかしっかりと確認しておくようにして下さい。

また、自分達のオリジナリティあふれるものを作りたいけれど、すべて自分達で作る時間やアイディアが浮かばないといった場合、用紙などは自分達で用意した上で、あとは印刷会社に依頼するといった方法もあります。以上、招待状の準備や発送などについての注意点について挙げてみましたので、これから結婚式を挙げるという方は、これらのポイントを参考にして下さい。

Scroll to top